2018年01月08日

地面ってイイ!

18.1.3 

そういえば今回の遠征、エギングらしいエギングって全くしてねえなあ。
ってか、出来んかったなあ。とにかく毎日風がすげえもんなあ。

そう思いつつ、竿先に集中する。


1月3日。
もちろん、今日この日も強風下での竿出しである。

この日は筏に乗っていたので、どっちか一方の風なら全く問題なく釣りが出来るんじゃけど、またしても『舞ってる』状態。

四方八方から吹きすさび、四六時中あちこちの風にラインが持っていかれている有様である。


確かにこの強風は厳しい。
が、それ以上の問題に直面していた。


筏がよく揺れるんである。
この状況は、船酔い大王の異名を欲しいままにしているワシにとって、一日中電気あんまの刑に匹敵するくらいに厳しいシチュエーションなのである。


ここのところの釣りのテーマは、『なんとしてでも、どんな手を使ってでも、とにかく結果を出す。』
なんじゃけど・・・・・。

今日のテーマは・・・・
『吐かない。』で(笑)


とりあえず何投かエギを投げたが、アタリがなく、まともな釣りにならないので、早々にひとつテンヤ&エビorキビナゴ。


じゃけどが、うりゃ!っとある程度の距離を投げるんじゃけど、あっちゅう間に手前に流されて、筏の真下周辺ばっかり探る羽目になっていた。

これでゃイカン!イカンイカンイカーン!
と、ややもつれつつある呂律で思いながら、攻めの方策を探る。

すると、カツンカツン!
と、いつもよくある慣れたアタリが。

ああ、やっぱおるよね。
なんかすげえ邪魔だよな。このキツい状態でのコイツは。

ま、いつもどおりのエサ取り、イソベラちゃんである。

今回は大小さまざま。小型から25cmオーバーの良型まで揃い踏みだった(あんま嬉しくないけど。笑)


そうこうしていると、足元で今までとは少し違うアタリが。
大き目の針だったので、しっかり喰うまでじっと待つ。

数秒待って、本アタリになったのでゴリ巻き。
回収したのは13〜14cm小型のヤミハタ。

ヤミハタって美味しいらしいしなあ。
一回食べてみたかったし、味見がてらキープするべ。

その後は、ボトムをゆっくりと探っていくメソッドが確立したので、竿先に集中し、ひたすらアタリを待つ。


んで、何投かしてると知らん間に船酔いしてるのを忘れてた。

そして気づけば正午過ぎ。
飯を食えるような状態ではないものの、なんとか釣りにはなっていたみたいで、この日一番のホゴ、25cmを確保。


その数投後、渡船屋さんからどがいな?
と電話がきたので、全然あきまへん。もう帰らせてくらはい。

後は道具を片付け、ロッドとタモのみの状態にして迎船を待つ。
この間、ホゴが何匹か釣れたが、キープリミットの23cmを満たしているものはなく全てリリース。

迎えの船に乗った時に思ったのが、今日の船酔いはそれほどでもなかったな、と。
やはり前日12時間。二度寝三度寝をして充分睡眠を取ったのと、腹八分で臨んだのが良かったのかもなあ。

そう思いつつ、まあ今日の釣りは余禄って思ってたし、まあいいや。
と納得で納竿したのだった。


ちなみにもうひとつの筏に乗ってた人も全く当たらなかったようである。

そして帰港後、荷物を担いで桟橋から降りた瞬間、
『地面ってイイ!揺れない地面最高!』

みたいな、単独で聞いたらかなり意味不明な事を思いつつ、この日の釣りを終了したのだった。

船酔いはそれほどひどくなかったけど、なんだかんだでダメージは受けてたんだな、と動かん地面に足をつけて、その当たり前のありがたさを実感したのだった。



よし。がんばった。
今回の遠征はちゃんと結果を出した!(軟体系がいない事はヒ・ミ・ツ。笑)

ほんでなによりも楽しかった!
言うことなし!

あとはホテルに帰って揺さぶられた体を休めるべ。


いつもの遠征よりはちょっとお値段が張ったけど、しっかりと休息を取りながら釣りをした方が集中出来て、やっぱり楽しかったな、と。



そして翌日、しっかり充電した体で因島への帰路についたのだった。

また行きたいな、四国。ってか絶対行く(笑)
次はいつ頃にしようかな(^^)
posted by オリャー! at 09:03 | 遠征記

ランキングにご協力お願いします。


最強エギンガーへの道!
激流の瀬戸内海を攻略するエギングのメソッドとテクニックを公開!
エギング用語集・しまなみの航路、因島の観光案内から除虫菊の写真まで。

エギング王国広島
杉原正浩名人が推奨するラインシステムを動画で公開(しかも公認)!
血液型別エギング講座などのコラム、笑いとロマンの釣行記も!

因島観光案内
しまなみ海道に面する尾道市、因島の観光ガイドです。
村上水軍、本因坊秀策記念館、除虫菊など、見所がたくさんです。
瀬戸内海の海の幸、地元密着のグルメ情報、宿泊ガイドも掲載してます。